バナー
東京言語研究所

言語学図書総目録テンプレートダウンロード

オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが ブックメール倶楽部 を参照しています。)

現在の利用者: 19
もっと...

RSS 配信中.......

  

書籍検索

作品詳細

ISBN:978-4-327-45281-0 C1082
えいぶんそうさくきょうしつ
英文創作教室
定価(税込): ¥3,080
表紙 著作者よみ はんとれあーど 
著者名 レアード・ハント 著 著書検索
著者名2 柴田元幸 訳 著書検索
著者名3 今井亮一/福間恵ほか 訳 著書検索
出版社 研究社 近刊 新刊
発売日 2017年11月22日
ジャンル 英語一般
判型A5/250頁
アメリカの英文創作を日本で学ぶ。古川日出男推薦。

どんなに世界が失われてしまっても、僕らはみんな、この世界を生み直せる。それも、言葉で。もしかしたら、英語で。ひとりひとりが周囲を「観察」することが、大きな「洞察」をもたらすことなのだと、心優しい教師・レアードが言っている。この教室に入ろう。――古川日出男

自分の言葉で書く、ということに――特に英語でそうすることに――興味がある人は、ぜひこの本を読んでほしい。興味がない人も、読んで興味を持ってほしい。どちらにしろ楽しい経験になるだろうし、読みおえるまでに、ずいぶんいろんなことを学んでいると思う――柴田元幸

目次
第I部  物語を書いてみよう(Write Your Own Stories)
 第1章 けさ起きてから目に入ったものを描写しよう
 第2章 写真から物語を
 第3章 君の人生、君の経験、君の物語
 第4章 悲劇のあとに書く

第II部 改稿版(Rewritings)

第III部 創作集(Stories)
 ※第1部各章のテーマで、プロの作家が執筆する
 レアード・ハント「鯨の脚」(第1章)
 チャールズ・シミック「私はなぜある種の詩をその他の詩より好むか」(第2章)
 レベッカ・ブラウン「天国」「見ることを学ぶ」(第3章)
 レアード・ハント「雪と金槌のある静物画」(第4章)

著者略歴
レアード・ハント(Laird Hunt) 小説家、デンバー大学英文科教授。シンガポール生まれ。米国コロラド州ボルダー在住。邦訳に『優しい鬼』『インディアナ、インディアナ』(ともに柴田元幸訳、朝日新聞出版)。小説家になる以前、5 年間、国連の報道官を務め、日本、フランス、イギリス、オランダなどに住んだ経験を持つ。熊谷で英語講師の仕事などもした。近著 Neverhome(2015)は映画化も決定、フランスにおけるアメリカ文学賞「Grand prix de Litterature Americaine」を受賞。

柴田 元幸(しばた もとゆき) 翻訳家、東京大学文学部特任教授。東京都生まれ。ポール・オースター、レベッカ・ブラウン、スティーヴン・ミルハウザー、スチュアート・ダイベック、フィリップ・ロスなど、現代アメリカ文学を数多く翻訳。2010 年、トマス・ピンチョン著『メイスン&ディクスン』(新潮社)で日本翻訳文化賞を受賞。文芸誌『MONKEY』(スイッチ・パブリッシング)の編集人でもある。最近の翻訳に、スティーヴ・エリクソン『ゼロヴィル』(白水社)や、ウィリアム・サローヤン『僕の名はアラム』(新潮文庫)など。

Copyright c 言語学出版社フォーラム All rights reserved.