東京言語研究所

ブックメール倶楽部

オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが ブックメール倶楽部 を参照しています。)

現在の利用者: 5
もっと...

RSS 配信中.......

  

書籍検索

作品詳細

ISBN:978-4-327-40169-6 C3080
らでぃかるこうぶんぶんぽう
ラディカル構文文法 - 類型論的視点から見た統語理論
定価(税込): ¥8,424
表紙 著作者よみ くろふとうぃりあむ 
著者名 ウィリアム・クロフト 著 著書検索
著者名2 山梨正明 監訳 著書検索
著者名3 渋谷良方 訳 著書検索
出版社 研究社 近刊 新刊
発売日 2018年06月15日
ジャンル 文法
判型A5/558頁
従来の文法研究を根源的に問い直す独創的な研究書

 本書は、認知言語学と言語類型論を統合する認知言語類型論(Cognitive Typology)の新たな研究プログラムに基づき、これまでの文法研究を根源的に問い直す、画期的な研究書である。
 本書の枠組みであるラディカル構文文法のアプローチは、この認知言語類型論の視点から、多種多様な日常言語の文法パタンの綿密な類型化と一般化を通して、日常言語のメカニズムの固有性と普遍性の解明を試みている。本書は、音韻・形態、文法から意味、談話・テクストのレベルに至る包括的な言語のモデル化をめざし、厳密かつ明示的に定義された文法モデルに基づき、音韻・形態レベルから談話・テクストのレベルに関わる諸要因を考慮した言語現象の体系的な分析を提示している。
 本書は、認知言語学、言語類型論の研究者だけでなく、形式文法、言語教育、言語習得、テクスト・談話研究、等の言語学の関連分野の研究者にとっても必読の研究書である。


目次
第1部 統語カテゴリから意味地図へ
 1章 統語論における論証とラディカル構文文法
 2章 品詞
 3章 統語カテゴリと意味の相対性
 4章 節の統語的役割(「文法関係」)

第2部 統語的関係から記号的関係へ
 5章 依存関係と構成素性と線形順序
 6章 統語的関係に対するラディカルなアプローチ
 7章 主要部と項と付加詞

第3部 普遍的構文から統語空間へ
 8章 態の連続体
 9章 等位接続-従位接続の連続体
 10章 統語理論と言語理論

著者略歴
ウィリアム・クロフト(William Croft) ニューメキシコ大学教授。著書:“Explaining Language Change: An Evolutionary Approach”(Longman, 2000), “Verbs: Aspect and Causal Structure”(Oxford University Press, 2012), ほか。

山梨正明(やまなし まさあき) 京都大学名誉教授、関西外国語大学特任教授。著書:『認知文法論』(ひつじ書房、1995)、『認知構文論』(大修館書店、2009)、『認知意味論研究』(研究社、2012)、『自然論理と日常言語』(ひつじ書房、2016)、ほか。

渋谷良方(しぶや よしかた) 金沢大学准教授。論文:“Diachronic Change of English Attributive and Predicative Adjectives from 1710 to the 1990s”(『日本認知言語学会論文集』14号、2014)、ほか。

Copyright c 言語学出版社フォーラム All rights reserved.