東京言語研究所

ブックメール倶楽部

オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 幹事会社のBlog を参照しています。)

現在の利用者: 1
もっと...

RSS 配信中.......

  

幹事会社のBlog - ☆

エセWEB2.0オヤジ

最近、WEB2.0などという言葉がもてはやされております。筑摩新書から出た『WEB進化論』以来、WEB2.0などとは縁もゆかりもないようなおじさんまで、このことばをしたり顔で使っております。かく言う私も「エセWEB2.0オヤジ」の一人なので、この本の著者の梅田さんが提唱するように、つとめて20代の若者たちとネットの世界の話をするようにしております。

20代の若者と話していて勉強になったことのひとつは、今の若者はネットの中で、宣伝くさいものには拒否反応を起こすということです。そのようなものはクリックしない、仮に宣伝とわかれば、すぐにページを閉じてしまうようです。ネットの世界は「やらせ」もすぐにばれてしまうということもよく言われます。これがネットの世界の面白いところなのでしょう。

さて、このサイトでは、今年の6月から言語学者のリレーエッセイをはじめました。それまで、1年前にリニューアルはしましたが、全然、サイトに手を入れていなかったので、アクセス数は少なく惨憺たるものでした。ところが、このエッセイをはじめて以来、アクセス数は着実に増え、現在では、訪問数は4−5倍、ページビューにいたっては8倍くらいに増えております。

リレーエッセイは、原稿を依頼した言語学の先生方の力量に負うところがやはり大きいです。しかし、もうひとつよかった点は、言語学出版社フォーラムという出版社の本のいわば販売促進のための組織で、直接の本の宣伝ではなく、言語学の面白さを伝える企画だったからではないかと思います。「宣伝っぽくない」というのが良かったということでしょう。・・・とこのように書くこともサイトの宣伝なのでは、と感じる人もいるかもしれませんね。ばれちゃいました? 無意識で(うー、少し意識したかも)ちょっと宣伝してしまいました。若い人たちにページを閉じられなければいいのですが・・・。

ネットの世界は奥深いです。
幹事会社のBlog
Copyright c 言語学出版社フォーラム All rights reserved.