東京言語研究所

ブックメール倶楽部

オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 幹事会社のBlog を参照しています。)

現在の利用者: 2
もっと...

RSS 配信中.......

  

幹事会社のBlog

幹事会社


Blog一覧

幹事会社: アスク : 
ちょっと本の宣伝を(といっても弊社の書籍ではありません)。

私は出版業界歴が短いので、おもしろそうな出版関係の書籍を見つけるとせっせと読んでいます。出版人が出版を語るという、この手の本はけっこう出ていますが、独善的な主張も少なくありません。。。。
今回ご紹介する本は、書店サイドのお話です。

書店繁盛記


2ヶ月くらい前に読んだ本です。
日本最大の書店、ジュンク堂池袋本店オープンの際の出来事を中心に、ジュンクの皆さんが日頃どのような気持ちで書籍と向き合っているか、棚作りをどのようにしているか、手に取るようにわかります。
店員さんのお名前も、みな実名です。日頃お世話になっています。気持ちよく接していただき、大変感謝しています。また、皆さんの商品知識は業界随一ではないでしょうか。

ジュンク堂さんの品揃えの方針は、地味なジャンルの版元にとってはとても強い味方です。

12月9日には盛岡店がオープンとのこと。新宿店のオープンの時のように、何人か応援に行くそうです。ご繁栄をお祈りしております。



この書籍にも書かれていましたが、客注対応はとても煩雑です。書店にとってもそうですが、版元も苦慮しています。
せっかく我が社の「この本!」と、指名買いをしていただけるので、誠実に対応したいのですが、納期を確実にお答えできなかったり、(ウチの場合、直接取引で書店さまと商売をしているので)非契約店さまには送料をご負担いただかなければならなかったり、けっこう心苦しいものがあります。何とかしたいな、と思いながら日が過ぎていきます。。。。

書店員さんに関連する記事です→。〈表現の秋〉小説の主役は書店員
幹事会社: アスク : 
出版社の営業さんはなぜ事前連絡なく訪問するのか

アポを取りませんか?

そうですね。なぜでしょうか。私も基本的には書店さんをラウンドするときにはノーアポです。「棚卸のときに一緒に在庫チェックしましょう!」とか、新規契約店の交渉を最初にするときには、例外的にアポイントを取ります。

はじめて出版営業したときには、このスタイルに私もとまどいました。書店員さんが、当然のように対応され、また、その場でご注文をいただいたのでまたびっくり!!

日々(といっても私の場合そんなに頻繁ではありませんが)、書店さんを訪問していて思うことは、何件も訪問していると、時間が全く読めなくなる、ということです。

店員さんが接客をされていたり、他の版元や取次の方とお話ししているときには、順番を待たなければなりません。(アポなしだからだ、と叱られそうですが)担当の方が休憩に入ってしまったら、出直すことになります。そうしていると、1日7,8件廻ろうとすると、何時にどこに行けそうか、自分でも全くわからなくなるのです。

私の基本的なスタンスとしては、書店営業はご用聞きと、ちょっとした情報の伝達です。書店員さんの一番のお仕事は本を売ることですから、品出しをしたり、接客をしたりとお忙しいと思います。その合間にすこし版元の話を聞いていただく、ということです。

効率よく、失礼のないように仕事をこなしたいとは思っているのですが。。。
幹事会社: アスク : 
株式会社アスクの天谷(あまや)と申します。これから、この言語学出版社フォーラムの幹事会社のブログを立ち上げようと思います。言語学に限らず様々な話題がここに挙がってくると思います。

YouTubeを使ったテレビ番組の『引用』の合法性に関する一考察
著作権法の受け取り方について大いに考えさせられます。

出版の世界でいうとアマゾンの「なかみ検索」と近いものがありますね(少し違うか)。

個人的には、テレビ番組の楽しみ方が広がり、テレビを見る機会が増える試みのひとつとして歓迎してよいと思っています。
アマゾンの「なかみ検索」も同様で、私の考えとしては、それで本との出会いが増え、本を読む人が増える流れができるのでは、と思います。

iTunesもそうですね。レコード会社からはCDの販売が落ち込むとかマイナスの意見が多数派でしたが、エンドユーザーとしていわせてもらえば、iPODを買って、iTunesを使うようになって、飛躍的に音楽を聴く機会が増えました(iTunesのあまりにも閉鎖的なシステムには閉口しますが)。

コンテンツのあり方が様変わりする中で、いろいろな新しいサービスが立ち上がり、中には悪さをするユーザー・読者も出てくるでしょう。しかしそれをもってして新しいコンテンツ・サービスを全否定するのはいかがなものかと思うのです。。。。。

それにしてもYouTube、便利ですね。
YouTubeについてのいろいろなご意見はリンクからTBたどったりして、各識者のブログをお読みください。私のような舌足らずで見識のない発言ではなくて、どのご意見も「なるほど!」と手を打ってしまいます。

幹事会社のBlog
Copyright c 言語学出版社フォーラム All rights reserved.