東京言語研究所

ブックメール倶楽部

オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 幹事会社のBlog を参照しています。)

現在の利用者: 1
もっと...

RSS 配信中.......

  

幹事会社のBlog

幹事会社


Blog一覧

幹事会社: 小学館 : 
昨日、京都駅近くのホテルグランヴィアで、本年10月30日に亡くなった白川静先生の「お別れの会」が開かれました。japanknowledge.comに辞書三部作のうち『字通』を使用させていただいているご縁もあり、少々慌ただしかったのですが京都まで往復して出席してきました。

立命館大学主催の会でしたが、ご長女の津崎史さんも出席され、先生の日常や最後の数週間のご様子を交えてご挨拶されたのがとても印象に残りました。ふだんは相撲がお好きでよくテレビをご覧になっていたこと、雑誌の「天才」特集(?)でイチローとともに紹介されたのがきっかけで、大のイチローびいきになったこと、お名前が一字違いの荒川静選手もお気に入りで、散歩の途中で「イナバウアー」の真似をされたこと、任天堂のゲーム機で将棋を楽しまれていたことなど、「孤高の碩学」というイメージとは離れた普段着の先生を髣髴させるエピソードが会場の雰囲気を和ませていました。

亡くなる前のお話では、入院した当初は退院して仕事をどう続けるかの段取りをもっぱらお考えになり、入院が長引きそうだとみるや、今度は仕事を誰に引き継がせるかの割り振りを考えることに転じたとのこと。万事に周到な先生のお人柄をよく表していると思いました。

入院中のある時ぽつりと「ずいぶんたくさん書いたな・・・」と漏らされたというお話も心に残ります。「たくさん書いた」のは本当に掛け値のないところで、残されたお仕事の大半は白川静著作集(平凡社)に見ることができますが、中でも『説文新義』『金文通釈』の両巨編は(私のような門外漢には敷居が高すぎる成果ですが)今後漢字や中国の古代史を研究する上では避けて通れぬものになるでしょうし、『詩経研究通論篇』、『詩経国風』ならびに『詩経雅頌』の訳注なども長く残る素晴らしい業績と思います。その他あの魅力的な『初期万葉論』『後期万葉論』や『孔子伝』などなど(もちろんここに辞書三部作も忘れるわけにはいきません)、ほんとうにたくさんのかけがえのないご著作を先生は残して下さいました。謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。Y・M
幹事会社: 小学館 : 
先日の記者発表以来、「日国オンライン」についてあちこちのブログ等で取り上げていただいているのですが、ひとつ気になる点があります。いくつかのエントリーで「Vista限定?」とか「ウインドウズでしか使えないの?」といった疑問が提出されているようなのです。私が見たのは数件ですが、きっと全体ではかなりになるのでしょう。その震源はおそらく、

引用:
小学館の佐藤宏国語辞典編集長は、『日国を電子媒体で提供しようという声は、第2版の編集中からあったが、総文字数が1億文字もあり、その中にはJIS コードで表示できない文字もあることから、デジタルでの商品化は断念していた。最近では、データベースとしてのWebのプラットフォームが整ったほか、 Unicodeが一般化しつつある。外字にも対応できるようになり、オンラインでの公開を決定した』と経緯を説明した。」[NTERNET Watch]

などの紹介記事にあるようです。他にも同様の記事はかなり見かけましたので、こうした記事を読んだ方が「Vista限定?」と受け止めたのでしょう。無理もないことだと思いますが、弊社の佐藤の発言の趣意は別であったと思います。

私も会見の現場にいたのでわかるのですが、確かに佐藤はほぼこういう趣旨のことを言いました。従ってこれらの記事が間違いというわけではありません。しかし、Unicodeが一般化し、外字にも対応できるようになったので日国のオンライン公開を決定した、というのは微妙にずれているなと感じます。

何しろあれだけでの辞書ですから、それをデジタル商品として発売すること自体社内で大分議論がありました。また、そのデータを整備して使えるようにするだけでもずいぶん時間がかかっています。デジタル化を要望する声があってもそう簡単にお応えできなかった、というのが本当のところです。そして、そうこうするうちにインターネットの普及はどんどん進んでブロードバンドの常時接続もごく普通になり、さらに次のウインドウズOSのVistaではユニコードを標準とするとのことで、パソコンで簡単に扱える外字の数も増えそうだ、ようやく日国をネット上で公開する機が熟してきた・・・というのが佐藤の言いたいことだったと思います。(私が代弁するのも変なのですが。)

確かに日本国語大辞典の総文字数の多さ、特にその中に含まれる「JIS コードで表示できない文字」の多さはデジタル公開の前に超えるべき大きな壁です。でもユニコードによってそれが解消されたのでオンライン公開する、ということではないのです。ネット上での公開は、この辞典の今後のあるべき姿を議論し、模索して来た末のひとつの決断です。ここで日国は、大きな曲がり角を曲がるのだろうなと思っています。

もちろん来るべき「日国オンライン」はOSをVistaに限定するようなことはありません。XPでも、あるいはMacOSでも問題なく使えるようなものにいたします。 Y・M
 
                              
幹事会社: 小学館 : 
既に旧聞に属する話題なのかも知れませんが、弊社を代表する出版物である『日本国語大辞典』のネット配信が先週発表されました。ネットの世界での反応は非常に早く、[itmadia][NTERNET Watch]などではいち早く紹介され、朝日新聞のデジタル版にも載りましたから、ご覧になった方も多いことと思います。

一方紙の媒体での報道はまだまだ、あるいはこれから、ということのようで、「オンライン引ける日国]「ネット配信]というキーワードに素早く反応したインターネット系の媒体と、実際のリリースは来年以降というあたりを冷静に見ている新聞・雑誌等のコントラストが見てとれるようで中々面白く思いました。

とは言っても実際のリリースが来年と決まった以上、日本国語大辞典デジタル化の担当者としてはあまり面白がってばかりもいられません。オンライン「日国」のデビューまで、公開のプラットフォームとなるjapanknowledge.comを運営するネットアドバンス社のスタッフと協力しながら、きちんとしたサイトをつくって皆さんに公開したいと思います。来年は厳しい一年が待っていそうな予感です。

というご挨拶をもって言語学出版社フォーラムの幹事会社ブログに初参加しますのは、小学館デジタル編集開発室の森田です。折りにふれて書き込みをしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

幹事会社のBlog
Copyright c 言語学出版社フォーラム All rights reserved.