東京言語研究所

ブックメール倶楽部

オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 言語学コラム を参照しています。)

現在の利用者: 7
もっと...

RSS 配信中.......

  

否定の中央線(言語学の随筆)

小泉 保(日本言語学会顧問)

 わたしは「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と俗謡で歌われていた大井川のほとりで生れました。たが、住んでいた島田市には、旧制中学校がなかったので、隣の藤枝市の中学校へ5年間通いました。

 島田市と藤枝市は汽車で20分ほどの距離で結ばれていましたが、「ことば」が大きく異なっているのに当惑しました。

 例えば、島田では「アカイ、シロイ、サムイ」という表現が、藤枝では「アキャー、シレー、サミー」と発音されていました。さらに次のような否定には困りました。島田での「シラン」が藤枝では「シラニャー」になるのです。また、その否定の過去形「知らなかった」ですが、島田での「シランッケ」は藤枝では「シラニャーッケ」と言います。ですから、昼間は学校で「シラニャーッケ」と言い、夜は自宅で「シランッケ」と言い換えていました。なぜそうなるのか全く分かりませんでした。

 とにかく、東京の大学を卒業して、新制の静岡高等学校に勤めるようなりましたが、静岡では付近の農村から作物を売りにきたおばあさん連中が「このアカキャーいちご」とか「きょうはサミーねー」のように藤枝とまったく同じ方言を使っているので驚きました。

 わたしは大学で言語学科に進学して、音声学を学び、方言調査にも従事しましたから、否定の表現の「シラン」と「シラニャー」の相違が島田市と藤枝市の境目にある六合という地域にあることが分かってきました。方言の区別はだんだんと変わるものではなく、ある地点で急に変化するものです。このように語形が急変するところを「等語線」と呼んでいます。これは地図の「等高線」とう用語から作られたものです

 例えば、東京アクセントと京阪アクセントとの区別は愛知県の揖斐川に沿って等語線が走っています。

 実は「シラニャー」という否定形は、東へ向かって藤枝から静岡、沼津、小田原を経て東京に達します。東京では「シラネー」になります。ここから北上して東北方言に入ると「シラネ」となるが、「ネ」の母音は口の開きが広くなります。

 ところが、「シラン」の方は、西へ向かうと、関西を通り、中国地方を進んで、沖縄まで及んでいます。そうなると、動詞の否定形は島田市と藤枝市の間で東西の等語線が引かれることになります。まさに日本列島の真ん中を走っていると言えます。実はこの等語線はフォッサマグナに沿って北進し、日本海では、糸井川付近に達しています。

 いま、もう少し詳しく、県単位で動詞の否定形を調べてみましょう。なお、否定の非過去形の次に過去形を括弧に入れて示しておきます。

 (富山県)シラン(シラナンダ)    (新潟県)シラン(シランカッタ)
 (岐阜県)シラン(シラナンダ)    (長野県)シラネー(シラナカッタ)
 (愛知県)シラン(シラナンダ)    (山梨県)シラネー(シラネーッケ)
      シラン(シランッケ)    (静岡県)シラニャー(シラニャーッケ)

 だが、どうして否定形の等語線が日本列島の中央部を走っているのか、その理由はまだわかりません。

 みなさんは、方言と言えば、東北の「メンコイ」(かわいい)、静岡の「ミルイ」(やわらかい)や関西の「ハンナリ」のような各地域独特の表現をその代表と考えているかもしれませんが、これは「俚言」と言ってあまり意味はありません。先に述べたように、否定とか過去とか言う文法の相違を表わす要素こそもっとも重要な方言的特色です。

小泉 保先生の最新刊

2009年4月24日 掲載


ある「あいまいさ」を考える

福地 肇(東北大学教授)

 誰かが、「隣のお婆さんは、人が嫌がることをする」と言ったとします。この言葉からは、どんなことが読み取れますか。いろいろなことが読み取れるのでしょうが、少なくとも、全く対照的な二通りの意味が読みとれるのではないでしょうか。一つは、このお婆さんが、たとえばごみの集積所で、カラスに食い破られたビニール袋からこぼれ出た生ごみを掃き集めて、毎日その周辺の掃除をする、といったような善意に基づいた行動をするということでしょう。もう一つは、たとえば、しばらく前の新聞ダネにもなったように、故意に無意味な騒音を出して近隣の住民に嫌がらせをする、といった悪意から来る行動をすることが考えられます。

 1つの文が伝えることのできる複数の意味は、ふつう「どちらかあいまいである」と言われますが、例に挙げた文のもつあいまいさの性質は、「ゴミ掃除 vs. 騒音」とか「善意 vs. 悪意」のような具体な行動の例の対比ではなく、言語学的な考えをすれば、「隣のお婆さんは他人が(するのを)嫌がることをする」という場合と、「隣のお婆さんは人が(他人からされるのを)嫌がることをする」という場合の対比で考えることができます。つまり、「人が嫌がる」という言い方の背後に「能動態の形で表現できる文(〜がする)」か「受動態で表現できる文(〜からされる)」のいずれかが隠れているのです。英語で言えば、things that one hates to do と things that one hates to be done by others のようになりますから、文法の好きな方なら、「ああなるほど」と納得が行くと思います。要するに、この文のあいまいさは、文法の形から読み取れる意味が二通りある、ということなのです。

 このようなあいまいさは、いつも残ったまま相手に伝えられるわけではなく、文の他の部分に工夫を施すことで、取り除くことができます。「隣の婆さんは人の嫌がることを(進んで)する」「隣のお婆さんは人の嫌がることを(わざと)する」のように、隠れた意味を取り出しやすい副詞などを添えてやる方法があります。これは、文法的な手段であいまいさを取り除く方法ですが、「お隣のお婆さんは人の嫌がることをなさいます」(隠れ能動文)、「隣のクソは、人が嫌がることをしやがる」(隠れ受動文)のように、全体として丁寧な(あるいはその逆の)表現を使うことで、あいまいさが消えることがあります。

福地 肇先生の最新刊

2007年11月23日 掲載


私が応用言語学者になった理由

畑佐由紀子(アイオワ大学准教授)

 私はもともと英語が苦手で大学進学は受験で英語が重要でない学科を選ぶほどでした。大学に入ってからも、外国語はさけて通っていたのですが、3年生の時、1ヶ月30万旅費宿泊費込みという安いヨーロッパ一周ツアーに参加し、はじめて頭に雷を落とされたような経験をしました。ツアーだから言葉はしゃべれなくてもなどと軽く考えていたのが大きな間違いで、安いだけに到着地では自分で色々しなければどこにも行けませんでした。で、何もしゃべれない私は身ぶり手振り、地図頼りだったのですが、ツアーの仲間には流暢にしゃべれる人もいて本当にすごいと思ってしまいました。

 それから、なんとか苦手意識を克服しようと、週20時間の英語学校に通いましたが、結局片言しかしゃべれないので、思い切って渡米しました。でも、アメリカの土を踏んだとたん、今まで勉強したのはいったいなんだったのかと思うぐらい何もわからず、とにかく最初の3週間ぐらいは一言も口を開かずに過ごしました。その後、大学で授業を受けるようになって、ある日突然フレーズの区切りがわかるようになり、人の言葉が何となく固まりで理解できるようになり、でも、バーに行くと聞こえたはずの英語が全くわからなくなったりと、不思議な現象がどんどん起きてきました。また、友達の中にはあまり苦労しているようには見えないのにどんどん上手になる人もいたりして、どうして個人差があるのか不思議でなりませんでした。

 私が言語学や言語習得を本気で勉強しようと思ったのはこれがきっかけです。そう思うと、英語も単なる勉強の対象ではなくなり、言語も含めて人の関わるものには偶発的な部分とシステムがあることにも気がつくようになりました。日本語という母語のシステムを通して英語を見るとずいぶん不可解なことがたくさんあるのですが、日本語のフィルターを外して、英語という一つの言語システムとして考えると、理にかなっているわけです。また、単なる音や絵の固まりが、その言語を話す人にとっては、どうして単語や漢字として理解され、意味の固まりとして処理されるのか、その情報処理の過程がどうなっているのかに興味を持ちました。そして、日本語や英語のように違った言語でも、情報処理の仕方に共通性があるのかとか、もしあるとすれば、それは言語間に共通の規則によるものかなど、どんどん疑問がわいてきたのです。

 日本語を教えるようになってからは、アメリカ人が日本語を習得しようとするとき、どんな問題が起こるか、起こらないか、あるいはその問題の原因はとこにあるのかなどに、興味がわいてきました。例えば、アメリカ人にとって難しい文法は何かと考えると、二つの言葉が違う部分が難しいと考える人が多いようですが、必ずしもそうではありません。日本語では「おいしい」、「おいしくない」、「おいしかった」、「おいしくなかった」というように形容詞が活用しますが、英語の形容詞は活用しません。じゃあ、形容詞の活用はむずかしいかというと、そうでもありません。一方、日本語の「歩いている、話している」は英語のwalking, talking と同じ意味なのですが、「行っている」は going ではなくgone, 「死んでいる」はdying ではなくdeadという意味になります。つまり、「ている」がいつ現在進行形の意味になりいつ完了の意味になるのか区別をするのは学習者にとっては大変難しいことです。  学習者にとっての難しさの原因がどこにあるのかは、言語学、言語心理学、社会言語学、言語習得研究* を勉強することによって少しずつ見えてきます。では、実際どうなのかというと、ここでは到底書ききれないぐらい複雑です。わかっていることもたくさんありますが、まだまだ見つけなければいけない答えがたくさんあるのです。だから、アメリカに来て20年以上もたった今も、嫌いだったはずの英語の世界で、日本語と英語に毎日触れているのだと思います。

注 * 言語学とは音、文法、意味など、言語のシステムを研究する分野で、実際どう言語が使われているかは対象としません。これに対して、社会言語学とは社会の中で言語がどう使われているかを研究する学問です。言語心理学とは言語を人間がどのように理解し、また頭の中にあるアイディアをどのようなメカニズムで言葉にしていくか、その認知過程を研究する学問です。最後に言語習得研究とは人が母語や外国語をどうやって獲得していくかを研究する分野のことをさします。

畑佐由紀子先生の最新刊

2006年6月9日 掲載


8 queries. 0.147 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Copyright c 言語学出版社フォーラム All rights reserved.