東京言語研究所

ブックメール倶楽部

オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 言語学コラム を参照しています。)

現在の利用者: 6
もっと...

RSS 配信中.......

  

「意味世界の面白さ: 対立と統一」

河西良治(中央大学教授)

 例えば、youngとoldは、意味の対立関係を持つ反意語(antonym)であると意味論では分析される。しかし、この対立という現象には以下に述べるような興味深い特徴が観察される。oldは、‘He is very old’(彼は非常に高齢だ)のように、「年をとった」の意味も持つ一方で、 ‘How old is he?’(彼は何歳か)や ‘He is two [eighty] years old’(彼は2[80]歳だ)、 ‘He is not old enough to go to school’(彼はまだ学校に行く年齢ではない)のように、全年齢に言及できるような意味も持つ。一方、youngには全年齢をカバーできるような意味はなく、 ‘How young is he?’ という問いは、若いことが前提されて、どのくらい若いかが問われている。したがって、youngは、「年をとった」の意味のoldと対立しながら、全年齢を表すoldに包含されるという関係にある。oldが示す年齢範囲にはyoungの年齢範囲は包含されるので、oldはyoungと対立しながら、youngも含み、年齢全域に関する表現に用いられると考えられる。これは、old (old, young) のように書き表すことができる意味状況にある。このような状況は、deep (deep, shallow)、long (long, short) などにも同様に見られる状況である(‘How long [deep] is it?’ で、その長さ[深さ]が問われる)。longとshortを比べると、shortの示す長さは当然longの示す長さに包含されているが、その逆は言えない。したがって、long(長い)もshort(短い)も含めた長さ全般を聞くときは、‘How long is it?’ という疑問文になる。日本語でも同じ現象が観察される。「長い」−「短い」の対立は、「長さ」が統一し、「深い」−「浅い」の対立は、「深さ」が統一できる。しかし、日英語で違いが出てくる場合もある。それは、例えば、hotと「熱い」の違いである。水のような冷たいものの温度を問うときに、英語では、‘How hot is it?’ と言うことができるが、日本語では、「水の熱さはどのくらいですか」とは言わない。つまり、英語のhotはcoldと対立しながらcoldを包摂して温度の全領域を表せるのに対して、日本語の「熱い」は「冷たい」と対立するが、温度全般には言及できない。「水の温度は?」のように、「温度」という別な語を使用する。英語では、「湯」のことをhot waterと言えるが、日本語では、「熱い水」とは言わないで、別の語である「湯」という語を使うことと関係があるに違いない。さて、それでは、この違いはどこからくるのだろうか、これから先は自分で考えてみてください。

河西良治先生の最新刊

2008年3月28日 掲載


「意味のからくりに目覚めていよう」

河西良治(中央大学教授)

「母親」という単語の意味を尋ねられたら、それは、母親が持っているような特徴を持つ人のことをいい、その特徴を持たない人は母親とはよばないというように、「母親」か「母親でない」かの二つのグループに分けるだろう。しかし、次のような文を考えてみよう。

(1) a.彼女は母親であって母親でない。
b.彼女は母親ではないが母親である。
c.彼女は母親は母親だ。

ここで「母親」をAとおいてみると、(1a) は「彼女はAであってAでない」、(1b) は「彼女はAではないがAである」、(1c) は「彼女はA はA である」と表記できる。一般的に、論理学では、‘A is not A’は矛盾を示し、無内容な表現と考えられ、また、‘A is A’のような同語反復は、AはAであるという、いわば、当たり前なことを伝え、情報量がゼロであると考えられる。しかし、日常の日本語では、これらの表現はすべて有意味で、一定の情報量を持つ適格な表現である。これらの事実を捉えるには、「母親」をめぐる少なくとも4つの意味領域を設定する必要がある。まず、母親らしい´´´母親、これは 「母親」という名前だけでなく、その内実´ ´(母親とよぶにふさわしいと考えられている 典型的な意味特徴)も十分持っている母親で、これを第一領域とする。次に、「母親」という名前を持つことは持つが、内実が十分備わっていない第二領域の母親。また、名前も内実もいずれもない第三領域。さらにもう一つ、「母親」という名前こそ持たないが、内実は母親と変わることのない、「事実上の母親」あるいは「母親同然の人」などとよばれる第四領域の母親である。(1) の例で、彼女はすべて「母親」とよばれるが、その領域が異なっている。(1a) (1c) は、「彼女は、母親とは名ばかりで、母親らしいことはやっていない」という第二領域の母親を指すことができる。(1b) は、「彼女は事実上の母親だ」と言い換えられるので、第四領域の母親である。「彼女こそ母親だ」と言えば、第一領域の典型的な「母親」を指すだろう。これらの「母親」の例が示すように、単語の指す意味の領域は、常識的な二分法的な理解とは違って、3つの異なる領域にまたがることがあることを知っておくことは、言葉の意味のからくりが持つわなを避けるための知恵の一つとなるであろう。

河西良治先生の最新刊

2008年1月4日 掲載


8 queries. 0.177 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Copyright c 言語学出版社フォーラム All rights reserved.